• ホーム
  • 内臓脂肪型肥満に効果的なオーリスタット

内臓脂肪型肥満に効果的なオーリスタット

2020年03月11日
体の脂肪を気にする女性

近年ではメタボ体型という言葉をよく耳にするようになりました。
この言葉はメタボリック・シンドロームから発生したもので、思い違いをしている人が少なくないかも知れませんが、メタボリック・シンドロームはただ太っていることを指すわけではありません。
メタボリックシンドロームとは、正確に言うと内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、高質異常症といった三種類の症状のうち二種類以上を合併している状態のことを指します。
肥満の種類は大きく分けると二種類で、そのうちの一つである皮下脂肪型肥満は腰や尻、太ももなどの下半身に脂肪が付くものです。
もう一つの内臓脂肪型肥満は主に腸の周囲に脂肪が過剰に蓄積するもので、見た目で言うとお腹が出るのが特徴です。
生活習慣病の危険が大きいのはこの内臓脂肪型肥満で、美容目的だけでなく健康のことを考慮すると、痩身のために何らかの手段を講じることが望まれる肥満と言えます。

色々な痩身のための方法が世に送り出されている中で、近年大きな注目を浴びているのがオーリスタットという成分を配合した肥満治療薬です。
オーリスタットは腸からの脂肪の吸収を抑制する効果を持っていて、それによって運動ではなかなか結果が出ないという人でも、大きな努力を要することなく痩身に成功することができるのです。
このオーリスタットは美しく痩せたいと願う女性たちから大きな関心を寄せられるものですが、内臓脂肪型肥満を解消して健康状態を良くするためにも用いることができます。
しかし内臓脂肪型肥満にも副作用は存在しているため、使用する際には注意することが肝心です。
主の副作用としては、脂肪が便と一緒に排出されるので下痢をしたり、脂溶性ビタミンの吸収も阻害してくれるため、ビタミン不足になることが挙げられます。

関連記事
スキムミルクとオーリスタットの組みあわせで効率的に脂肪をカット

中年世代になると、脂肪を溜め込みやすい体質になっていきます。20代と30代では断然後者のほうが太りやすく、40代にかけてさらに代謝が低下して肥満体質になっていくのです。若いころの肥満は暴飲暴食が原因であることが多いですが、30代以降は普通の生活をしていても太るようになってきます。太りやすい体質になる

2020年08月01日
自転車で運動して納豆を食べることもダイエットには良いです

オーリスタットとは、肥満治療に使用される肥満治療薬のことをいいます。肥満になると脳卒中や高血圧、糖尿病などの病気のリスクが高くなってしまいますが、オーリスタットを使うことにより腸内のリパーゼに作用して、脂肪吸収を防ぎ余分な脂肪を摂取しなくても良くなり減量へと繋がります。しかし、オーリスタットには脂溶

2020年06月13日
脂肪燃焼効果のあるスープとは?レシピも教えます

一週間で痩せたいという場合には、脂肪燃焼効果の高いスープを作って飲むと効果的です。脂肪燃焼スープダイエットという名前で知られているこの方法は、6つの野菜を切って煮込むだけの簡単な料理です。ルールは5つあり、一週間毎日食べる、夕食の最初に一皿食べる、4日目の昼食と夕食にバナナを食べる、5日目の昼食と夕

2020年05月12日
オーリスタットと半身浴で過激なダイエットから解放

過激なダイエットは健康を害しますし、リバウンドの原因にもなるので注意が必要です。過激な方法で一時的に大幅減量することは可能ですが、大切なのはその後です。急激にリバウンドが始まると、以前よりも体重が多くなってしまうのが普通です。体重が増えてしまう理由は、無理な方法で痩せることで体質が変化してしまうから

2020年04月11日
ダイエットにおいてビールの飲み過ぎに注意するべき理由

オーリスタットで肥満対策するときは、同時に脂肪の摂り過ぎにも注意する必要があります。オーリスタットは肥満治療薬ですが、すべての脂肪の吸収をブロックするものではありません。約3割程度はカットできますが、残りの7割は吸収されてしまうのです。脂肪を摂り過ぎていれば、その7割が非常に大きなカロリーとなります

2020年02月09日
カロリーが低い食事でもオーリスタットは効くの?

オーリスタットは脂肪の吸収を阻害させる薬ですから、カロリーの多い少ないは関係ありません。摂取した脂肪のカロリーが少なくても、食べた脂肪分の30%が未吸収で排出されます。カロリーが低い食事=脂肪分が含まれていない食事、という定義であれば、オーリスタットは効果がありません。オーリスタットはあくまで摂取し

2020年01月23日
オーリスタット服用後の効果

オーリスタットは肥満治療薬の一種で、日本国内でも処方や使用が行われています。作用の特徴は、オーリスタットが脂肪吸収を阻害する事で、体内に蓄積する新たな脂肪を減らす事が出来ます。オーリスタットが作用する脂肪は、吸収消化される事がないので、便と一緒にそのまま排出されます。オーリスタットを服用した後は、腸

2020年01月08日